読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【埼玉】猫救出…深谷の井戸からニャ〜 地元の会合で心配の声、警官が救出

猫救出…深谷の井戸からニャ〜

地元の会合で心配の声、警官が救出

光の届かない暗闇で数日間過ごした猫が救出され、地域住民に安堵(あんど)が広がっている。

 

今月上旬、深谷市瀬山の小菅茂さん(74)方の敷地にある井戸に、1匹の猫が転落した。

井戸の深さは10メートル近く。

最大1メートル幅の井戸の口は日頃、木材や鉄板でふたをしていたが、何らかの拍子で身をくぐらせたとみられる。

 

隣家の住民は3日間ほど、「ニャー」という鳴き声を耳にしていた。

声の主の居場所は分からなかったが、12日午前、隣家の小学5年生男児(11)が井戸にソーセージを落とすと、動く気配があった。

同日の地区の会合で猫を心配する声が上がり、近所に住む馬場詔二さん(73)が管轄の寄居署に相談した。

 

同日午後6時ごろ、署員2人が現場に到着。

試行錯誤の結果、馬場さん方にあった全長12メートルの2連はしごを使用し、1人の署員が井戸の中に入り、もう1人の署員がはしごを支えながら懐中電灯の光を照らした。

 

署員が井戸の底近くまで到達すると、携えた袋に猫を入れ抱き抱えるなどして、地上へと運んだ。

 

現在は井戸水がなかったことも幸運だった。

馬場さんは

「みんな心配していたので、警察の方には感謝の気持ちでいっぱい。救ってもらった命だから、大切にしないとね」

と猫に言葉を掛けた。