読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日のゴールスプリントで早めに仕掛けたコルブレッリが新チームに大きな勝利をもたらす[Paris - Nice tape 2]

本題に入る前に昨日のバルデの一件について。

昨日バルデはレース途中で落車して、そのあと第2集団に復帰したもののその際にチームカーにつかまっているシーンが映っていました。

サイクルロードレースはチームカーにつかまることは禁止されていますので、映像もあってコミッセールも見ていたこともあってレース終了後バルデは失格の処分が下されました。

まあ、「魔法のじゅうたんを使った」という裁定が下されたということです。

今日のパリ〜ニースの第2ステージはロシュフォール・タン・イヴリーヌからアミリーまでの195kmで行われました。

ステージ自体はほぼ平坦でゴールスプリント勝負になるのではないかと予想されましたが、街と街との間が遮蔽物があまりないので風が吹いた時はその影響は心配されました。

メモ

15:27 ライブ中継配信開始時点 残り38.3km 逃げは5人 メイン集団との差は1分3秒

今日の現地の天気は雨

気温は5℃

先頭のメンバーはカチューシャのビストロム、ロット・ソウダルのギャロパン、クイックステップ・フロアーズのジルベール、ロットNL・ユンボのワイナンツ、デルコ・マルセイユプロヴァンス・KTMのシスケヴィチウス

逃げは最大で22人に膨らんでいた

またBMCのポートがメイン集団から遅れている

最初の2時間の平均速度が49km/hというとても速いペースで進んだ

3時間の平均速度も47km/h

15:32 残り35km 先頭の5人とメイン集団との差は1分1秒

15:40 残り30km 先頭の5人とメイン集団との差は46秒

15:47 残り25km 先頭の5人とメイン集団との差は44秒

10.5km地点 3級山岳ポイント

アルディ、シモン、オーメンの順で通過

31.5km地点 中間スプリントポイント

デゲンコルプ、アラフィリップ、アルディの順で通過

156.5km地点 中間スプリントポイント

ジルベール、ギャロパン、ワイナンツの順で通過

15:54 残り20km 先頭の5人とメイン集団との差は30秒

ここで先頭集団からジルベールがアタックして飛び出した

それをワイナンツが単独で追走している

あとの3人はこれらの動きについていけずに遅れたようだ

15:56 残り17.5km 先頭のジルベールとメイン集団との差は38秒

先頭から遅れた3人がメイン集団に吸収された

15:59 残り16km 先頭のジルベールとメイン集団との差は43秒

単独で追走していたワイナンツはジルベールに追いつくことなく、メイン集団に吸収された

コフィディスのブアニがリタイヤしたとの情報が入った

16:07 残り10km 先頭のジルベールとメイン集団との差は40秒

ジルベールが単独になってから先頭とメイン集団との差はほとんど縮まっていない

このまま逃げ切ることが出来るか?

16:10 残り8.5km 先頭のジルベールとメイン集団との差は30秒

両者の差が縮まってきた

逃げ切りは難しくなってきたのか?

ジルベールの脚が残っていないのか?力が入らなくなってきたのか?

16:11 残り7.8km 先頭のジルベールとメイン集団との差は20秒

完全にジルベールのペースが落ちてしまった

ジルベールがメイン集団に捉まるのは時間の問題となってきた

16:13 残り6.4km ここまで逃げていたジルベールがメイン集団に吸収された

16:15 残り5km いつもならゴールに向けてペースを上げていくところだが、今日は天候も相まってかペースはあまり上がらずややけん制気味か?

集団の先頭はFDJが引いているが、ロット・ソウダルやアスタナSKYあたりが集団の前方に位置している

16:17 残り4.5km 先頭集団からアスタナの選手が1人飛び出したが、重力圏から抜け出した感じではない

16:18 残り3km 先ほど動いたアスタナの選手は吸収されたが、それと同時に今度はキャノンデール・ドラパックのコレンがカウンターで飛び出した

16:20 残り2km 先頭はコレン これをメイン集団が追いかける

そのメイン集団では位置取りが激しくなってきた

16:21 残り1km手前でコレンがメイン集団に吸収された

残り1kmを通過する瞬間にオリカ・スコットの選手が飛び出した

アルバジーニという情報らしい

残り500mでアルバジーニは吸収された

メイン集団の前方にデマールがいる

クリストフやデゲンコルプも上がってきている

グライペルも上がってきた

残り300m 先頭はコルブレッリ

長めのスパートに入ったようだ

残り200m アシストが離れてコルブレッリの後ろにつけていたデマールもスパートをかける

クリストフやグライペルは行き場を失ったか?

残り100m デマールの後ろにつけていたデゲンコルプが伸びてきた

間に合うのか?

逆にデマールが伸びない

デゲンコルプが伸びてくるがコルブレッリの勢いが衰えない!

コルブレッリが早めのスパートを最後まで持続し上体を起こして両手を広げて先頭でゴール!!

その瞬間、コルブレッリが勝利の雄たけびを挙げた!!

第2ステージ、勝ったのはソニー・コルブレッリ!!

彼にとってキャリアの中で最大の勝利であるとともに、今季UCIワールドチームに登録された出来たてほやほやの新チームにとっても「最初の足跡」を残す大きな勝利となった!!

デゲンコルプは届かず2位

デマールは3位

総合はデマールがリーダージャージをキープ

リッチー・ポートは14分16秒遅れてゴールとなった

今大会の総合優勝に関しては完全に脱落したと言っていいだろう