読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年ぶりのランニングマン

年度末に向けて…ちょっと一呼吸なのか、思いのほか時間が取れてる今週。

来週は確実に忙しくなるので、今のうちにいろいろ家のことを片付けておこうと思うんだけど、なかなかね〜。

ファンミが終わったかと思えば雑誌祭りで、明日発売のMAQUIAも表紙にも詳細にも名前ないから小さい扱いかな〜って思ってたらしっかり2ページっ。

ちらっと拾い画見れたんだけど、相変わらず可愛い〜〜。

ちなみに本人はというと、やっと本来の学業に専念できているみたい。

連日サイン攻めにあってるみたいだけど…。

ボゴムくんのことだから、嫌な顔せず書いてあげてるんでしょう〜。

日曜放送のランニングマンにもいまさらだけど人柄が表れてて…5分どころか2分にも満たない出演なのに、とんだ癒しです(笑)

≪「お人好し」パク・ボゴム、5分出演も美談富者らしかった≫ 2017.03.20

パク宝剣がわずか5分の出演にもかかわらず温かい容貌を誇った。 それこそ「美談富者」らしかった。

3月19日放送されたSBS「ランニングマン」では、アジト特集2弾として作られた。 最近製作陣との対決で勝利し、アジトを持てるようになったメンバーは、アジトを潤すために買い物リスト存分作れとの注文を受けた。 これに「ランニングマン」6人はそれぞれ飾りたい買い物リストを作成した。

しかし、これは罠だった。「ランニングマン」のメンバーたちが直接、買い物リストに書かれた物品を探してこなければならなかった。 その上6時間以内に知人から得てこそ成功といえるものだった。 これに対し、ソン・ジヒョとイ・グァンスはチームを組み、知人のものを奪おうとしはじめてた。イ・グァンスは父に電話をかけ、「ひょっとして会社に余っているソファはないか」と尋ねた。規則上、ものを受け取る代わりに相手が望む報酬をしなければならない。 イ・グァンスは「何がほしいか」と尋ね、父は「チョ・インソン、ソン・ジュンギのサインをもらってきなさい」と注文した。 これを聞いたイ・グァンスは「なぜ私のサインではないのか?」と怒った。

普段から、イ・グァンスはチョ・インソン、ソン・ジュンギと親しい間柄であることで有名である。 これに対し、イ・グァンスは二人に電話をかけサインを要求、撮影スケジュールの都合で会うことができず、彼らの所属事務所を訪問することになった。

ソン・ジュンギの所属事務所を訪ね、サインを受けることに成功したソン・ジヒョとイ・グァンス。 しかし予期せぬゲストに遭遇した。 まさに大勢のスターのパク・ボゴムだった。ソン・ジュンギと同じ所属事務所のパク・ボゴムがちょうど事務所にいたのだ。パク・ボゴムはまず「ランニングマン」の制作陣に「こんにちは」と嬉しく挨拶した。 イ・グァンスはこの機会を逃さず「使っていない冷蔵庫はないか」と尋ね、普段、善良で有名なパク・ボゴムは「冷蔵庫が必要なんですか?」と関心を示した。

イ・グァンスは「サインを一枚してくれ」とし、「ヒョンのサインはいらない?」と尋ねた。この前に感じた屈辱を挽回するためだった。パク・ボゴム「ほしいです」とイ・グァンスの名札にサインをもらった。イ・グァンスのサインをもらったパク・ボゴムは「光栄です」「ありがとうございます。家宝として残さないと」と言い、屈辱を経験し拗ねていたイ・グァンスの気持ちを、より一層良くさせた。

パク・ボゴムの善良はこれで終わりではなかった。 製作スタッフのために飲み物を自ら用意、「必ず成功してください」という応援も忘れなかった。 このような後輩パク・ボゴム清々しさにイ・グァンスは「すごく気分がいい」と幸せな足取りで事務所を後にした。

たとえ5分もならない短い登場だったが、「美談富者」パク・ボゴム善良な気立てを確認できる瞬間だった。