読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稽古日記 その七百四十八

春休みに入ったのかしら

妙にちびっ子が多いような

しかも、朝も来て、夕方から3時間と云う「空手三昧」の強者小学生もいたりして

身内に子供がいないせいか、そう云う季節感が分かりません

が、先日、中学を卒業したのが2人います。2人共、空手で学校を決めました。

そうなると道場は一先ず退会となるのでしょう。2人共入寮だし。

来年も2人…おそらくそう云う形で「卒業」していく子がいます。

少年部って、そう云う中学生が中心になるんですよね。

練習にしても、行いにしても。

小さい子供たちは、強くてキチンと立ち居振る舞いが出来る、そう云う先輩に憧れたりするんです。

その太い柱が、この1〜2年で居なくなってしまう。

とても寂しいです

そして数日前、K谷さんがポツリと「最近、新しい人入って来ないね」と。

オリンピックに決まって、人気習い事ランキングの上位にあると言われてるようですが、出稽古の人数は増えても、入門者は確かにそれ程でも無いかも

大人も大分定着してる感じだし。

何かの雑誌に「空手はモチベーションが保ち難い」と書いてありました。何故なら、練習の殆どが地味な基本ばかりだからと。

何でもそうだと思うけど、ニュアンスは分かります。

その地味な基本、最初は出来ない覚えられない

私も、コレは続かないかもって思いましたし

実際 本部の練習は筋トレと基本が半分以上で、今は違うけれど、審査や試合が近くても、それ用の練習もしなかったし。

でも今はそんなこと無いから、厳しいけど楽しいから、新しい人来て欲しいなぁ

少ないと…怖いんだもん

先生方が持ち回りでブログを始めました。

会員募集のポスターみたいなブログで…大丈夫かなぁと思うんですけど