読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2017年3月沖縄】瀬長島ウミカジテラス

お初のところ第2弾は、瀬長島ウミカジテラスです。

瀬長島は、那覇空港近くにある島ですが

海中道路でつながっているため島という感じはあまりしないかな?

手前の海中道路には那覇空港を離発着する飛行機を見に(&)

何度か行ったことがありました。

そんなところに2015年8月におしゃれな観光スポットがオープン。

それが瀬長島ウミカジテラスです。

 HPからお借りしました。

この白い南仏のリゾート地のような建物がフォトジェニックですよね。

ガイドブックや雑誌で何度も見て、行きたいな〜と思いながらずっと避けていたんです。

それは、瀬長島の海中道路を出るときの信号待ちが半端ないから。

空港方面からの小禄バイパスとアウトレットや糸満方面へ行く道の交差点に

瀬長島からの海中道路が加わるわけですが、

青になってる時間が短くて脱出するのに時間が掛かったんです。

ウミカジテラスがオープンする前からそんな感じだったのに

そんなお洒落な施設が出来たら・・・

オープン直後だったと思いますが、

最終日に寄って飛行機に遅れたという笑えない話を目にしたこともありました。

で、今回です。

ダンナを空港に迎えに行き、11時半頃だったのでどこかでお昼にしようという流れになり

1か所、行きたかったお店に向かったのですが、まさかの「臨時休業」

第2候補として、ウミカジテラスへ行ってみました。

連休初日のお昼前だったからなのかブームは去った後だったのかはわかりませんが、

あんまり混んでなかったです

目も眩むほどの白さでサングラスは必須などとガイドブックには書かれていましたが、

行った日は曇り空だったからか

経年劣化でくすんできたのかわかりませんが、こんな感じ

私たちのランチは、「親父のまぐろ」さんで頂くことに。

【まぐろ漁師の”親父”が釣り上げたマグロを息子夫婦がご提供する漁師直営まぐろ丼屋】だそうです。

店内のカウンター席とは別にテラス席があり、

ゆる〜い暖かさが気持ちよかったので、テラス席に座りました。

 メニュー

 まずは再会を祝して乾杯

ダンナは沖縄の地ビールを私は運転手なのでさんぴん茶です。

この1週間であったことを話していたら・・・

うわぁ〜〜〜飛行機キタ〜〜

そうこのテラス席、離陸する飛行機を目の前で見ることが出来る特等席でした

「Flightradar24」を立ち上げ、次に飛んでくる飛行機に備えてます。

 

しばらくするとダンナが乗って来たANA機が伊丹へ向けて飛んでいきました。

いや〜〜ココ楽しい

お料理来ました!

 親父のまぐろ丼

マグロの切り身が厚めで、生マグロだから身がしっかりしてて美味しいです。

ダンナは「シャリが旨い」と喜んで食べてました。

 アヒポキライス

漬けマグロ+アボカド+県産野菜をアローカナの卵とまぜまぜして頂きます。

このアローカナという種類のニワトリの卵の殻がブルーグリーンぽい色でビックリ

普通の卵より濃厚で栄養価も高いそうです。

という説明でしたが、全て混ぜて食べたので、

普通の卵との違いはあまり感じられなかったかな?

こんな小洒落た観光施設の中での食事とは思えないくらい

どっちも美味しかったです

ウミカジテラスの周辺は、まだまだ工事中のところが多く、

施設も拡張されるような感じでしたよ。

心配だった瀬長島からの脱出も鬼門だった交差点の動線が変更されていて

綺麗な十字路に変わっていたので、渋滞とかも改善されたんじゃ無いでしょうか?

もう少ししたら周りの工事も終わると思うので、

その頃、また行ってみたいと思います。

今度はお天気の日が良いなぁ