読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人はわかってくれないが俺もわかってない。

遊びに来た姪(春から小6)に誕生日プレゼントをあげてなかったので何が欲しいか訊ねたら、何とかっつうカードを要求される。

どうもゲームの課金で使えるモノらしい。

(ゲームなぞに金出せるかいっ!他のモノにしろっ!)と拒否したのだが、よく知りもせず否定するのは我ながらイカンかったかな?と反省している。

自分が全くゲーム類をやらないからといって頭ごなしに否定していては、

(マンガばっかし読んでたらアホになるから禁止)

(テレビばっかし見てたら外で遊ばなくなるから禁止)

(アニメばっかし見てたらオタクになるから禁止)

(特撮ばっかし見てたら変身したくなるから禁止)

(プロレスばっかし見てたら性格がおかしくなるから禁止)

(ロックを聴いたら不良になるから禁止)

エレキギターを弾いたら感電するから禁止)

(カメラマンになったら生活が不安定になるから禁止)

とヌカして若者文化を否定しまくった上の世代の面白くない大人達と同じになってしまう。

思えば自分も大人の意見はあんまり聞かずに見事にアホな大人になってしまったがそれはそれで人生は楽しい。(たぶん。)

とはいうものの何かゲームはイヤなんだよなぁ。

こうしてツマラナイ大人になっていくのか?

まぁいいや。

家の教育方針もあるだろうし、姪には妹と相談してなんか別のモノを買ってやろう。

注・本日の画像は本文とはあんまり関係ありません。

トラブル・ド・キッズ/ARB

https://www.youtube.com/watch?v=T0FHD0ewhsk