読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内閣調査の力関係とわがままの罪

三月の終わりへとなってから4月のはじまりに周りが騒がしくなっていく中で

ストレス満載の社会に出て周りの人に変化にトラブルがなかった生活からもしものことが多い事件になるまでタイミングによっても浮かび上がらないような過労自殺やストーカー行為にも組織的な理由のために状況証拠を探すことだけが唯一の救いになぜそのような暴言をするのかで命あっての物種になるのかもしれない

ストレスから脱け出すのは人生の最大の問題。またストレスと付き合っていかなきゃならないのも人生。

ストレスフリーは難問。桁の多い数学や幾何学的な化学式よりも難解。

ただ、自分のストレスを他人になった気持ちで見てみると、恥ずかしかったり、情けなかったり、笑えたり、学んだりする。もしかしたら、人の出会いと同じで、その時に必要な事で今は別の意味が含まれているのかもしれない。

釈明も弁解もいらない事実だけでやる気をなくさせていくことは人により環境によって言葉を発することが出来ないくらいの重圧に耐えて子供の危ない時代にとっても連鎖の如くは行く末の光を放って従順ではいられない状況に思い込みの強さはネットが絡んでの経過は進んでいくのかもしれない

こういう日本だからと思うことが多くなっていき行先不明のメカニズムが蝕まれて方法を見つけることが皆無な場合でも時間はタイムズマネーで動くよりも誰が首相になってもマイナーで足を引っ張るエネルギーで日本がどんどん人口減少に問題を解決でいないでいるために陥っていく需要と供給のバランスも壊れて筋を通すには結果として自分で動くことで誰かに頼れることはなかった怖さになるのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

車内に男女4遺体=練炭としちりん、自殺か―茨城

「殺してぇな」上司の罵声2時間 自殺遺族、ヤマト提訴

こども園襲撃、殺人未遂容疑も視野 

<かみつき事故>飼い犬にも殺傷能力…乳児の悲劇、なぜ

痛々しい“トゲだらけのヘビ”

Im asking

From:Nancy Pelosi

発信元:bounce.bluestatedigital.com

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/3/31, Fri 17:12

We only have 4 hours left before the biggest deadline we’ve had since President Trump took office.

We’ve had some big victories. Our grassroots power managed to stop the Trump-Ryan health care disaster.

Now we need to stop them from shaping the Supreme Court.

I know these constant assaults on our values can be exhausting, but we can’t give up now.

We need to raise $2,000 in the next three hours. Your gift will be matched. I’m asking you personally, please help out now.

Thanks,

Nancy

please, Ezaki

From:Nancy Pelosi

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/3/31, Fri 15:09

I emailed.

Now Im emailing again.

It’s because the stakes tonight could not be higher.

If we let House Republicans outraise us for a third straight month tonight, our odds to win the House sink.

I need 4 gifts from 90013 before tonight’s deadline to close the gap.

Can I count on your $1?

MIDNIGHT DEADLINE: ALL GIFTS TRIPLE-MATCHED

Triple match your $1

Triple match your $35

Triple match your $50

Triple match your $100

Triple match your $250

Or triple match another amount

Thank you,

Nancy

Hey - its Joe

From:Joe Biden

発信元:democrats.org

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/3/31, Fri 12:28

Ive been a public servant a long time. And even though my and Baracks time in the White House has come to an end, I still wake up every morning with a single thought: what can I do today to help make a difference?

Thats been my guiding principle and the principle of Democrats like you all across the country. We lost big in November -- theres no pretending otherwise. But life isnt about how many times you get knocked down. Its about how many times you get back up.

So that one thing you can do today to help make a difference? Pitch in $3 or whatever you can right now before Democrats first major quarterly fundraising deadline of the year to help keep this momentum going, because weve got a long road ahead.

If youve saved your payment information with ActBlue Express, your donation will go through immediately.

QUICK DONATE: $3

QUICK DONATE: $10

QUICK DONATE: $25

QUICK DONATE: $50

QUICK DONATE: $100

Or donate another amount.

Our resilience will carry us through to some major victories for every American as long as we just keep fighting. I know we can make this happen, together.

Thanks.

Joe

内閣府調査>「日本悪い方向」外交安保で増加

04月02日

 内閣府は1日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在の日本の状況について、悪い方向に向かっている分野(複数回答)を聞いたところ、「外交」が26.7%で、昨年同時期実施の前回調査から8.1ポイント増加。「防衛」と答えた人も28.2%で4.0ポイント増え、外交・安全保障分野で懸念が高まっていることが浮き彫りになった。

 北朝鮮による核.ミサイル開発問題や、米国のトランプ政権発足後の国際秩序への不安などが背景にあるものとみられる。「悪い方向」で最も多かったのは昨年同様、「国の財政」の37.1%(前回調査38.0%)だった。一方、「良い方向」に向かっている分野では、「医療・福祉」が31.4%(同29.2%)で最も多かった。「科学技術」が25.8%で続いたが、前回調査より3.3ポイント減った。 調査は今年1〜2月、全国で18歳以上の1万人を対象に面接方式で実施し、5993人から回答を得た。回収率は59.9%。前回調査までは対象は「20歳以上」だったが、選挙権年齢の引き下げに伴い、今回から対象を「18歳以上」とした。

くわえてきたリスに撃退されるネコが実写版「トムとジェリー」な件

力関係おかしい。

 林の方で見つけてきたのか、撮影者の元にリスをくわえてやってきたネコ。口から開放されたリスはすぐさま逃げ出すかと思いきや、仕返しとばかりにネコを一方的に攻撃し始めます。まるでネズミがネコを懲らしめるアニメ「トムとジェリー」みたい!

 リスに顔へ何度も飛びつかれ、ネコもついつい体をのけぞらせてしまいます。捕まえようとするものの、最終的にリスにはまんまと茂みへ逃げられる結果に。本来エサであるはずのリスにやりこまれてしまう姿がなんともおマヌケなネコちゃんでした。

日弁連、「共謀罪」反対声明 「テロ無縁の犯罪も対象」

03月31日

 犯罪を計画した段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法の改正案が国会に提出されたことを受け、日本弁護士連合会は31日、法案に反対する中本和洋会長名の声明を発表した。「監視社会を招き、市民の人権や自由を広く侵害するおそれが強い」としている。 声明では、277の犯罪を対象とする法案について、「組織犯罪やテロと無縁の犯罪が、依然として対象になっている」と指摘。適用の対象を「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」と規定した点については、「犯罪主体がテロ組織や暴力団に限定されることにはならない」と批判した。日弁連は2月にも、法案に反対する意見書を出している。

入院ベッド15万床削減 25年、医療費減へ在宅移行

04月01日

 2025年の医療の提供体制を示す「地域医療構想」が各都道府県でまとまり、全国で計15万床以上の入院ベッドを減らす計画となった。医療費を減らすため入院患者を在宅医療に移す流れを受けたものだが、全国で1割以上の削減が必要だ。入院に代わる受け皿づくりが急務となる。 各都道府県がまとめた地域医療構想では、団塊の世代がすべて75歳以上になって高齢化がピークを迎える25年時点で必要となる入院ベッド数を示した。その結果を集計したところ、計約119万床だった。ただ、13年の約135万床に比べ、15万6千床余り少ない。15年に内閣官房が示した削減の目安は16万〜20万床で、ほぼ近い数字になった。

 入院ベッド数が増えるのは、特に高齢者が急増する首都圏と大阪、沖縄の6都府県のみ。残る41道府県は減らす計画で、削減率は鹿児島県(34・9%減)など8県が3割を超えた。

テキーラの雨を降らせる雲”爆誕

04月02日

テキーラの雨を降らせる雲”が登場したと話題を呼んでいる。

春がやって来つつあるベルリンでは寒い雨が続いていたが、メキシコからやってきたテキーラの雲で身体を温めた人たちがいるようだ。ベルリンで行われたメキシコ観光局のイベントでのこと。テキーラをミスト状にし、雲形のオブジェにミストを満たすと、テキーラが雨のように雲から降り注ぐ。酒飲みにはたまらない演出で、ドイツだけでなく多くの国々が注目することになった。

ネットでは「テキーラの雨! そんなすばらしい世界があるのか」「仕組みはよくわからないが、とりあえず飲みに行きたい」「傘を逆に差して、杯にしちゃうね」「衛生的にはどうなのかな」「アルコールで消毒済みだ。気にするな」「見ているだけで酔っ払いそう」と興味を持った人たちの反応が多いようだ。

車内に男女4遺体=練炭としちりん、自殺か―茨城

04月01日

 1日午前11時15分ごろ、茨城県石岡市小幡のオートキャンプ場で、巡回中の従業員から、窓に目張りがされた車があり呼び掛けに応答しないと110番があった。県警石岡署員が駆け付け、車内で男性3人と女性1人が死亡しているのを発見。車内に練炭が入ったしちりんがあったことから、自殺の可能性があるとみている。

 同署によると、死亡したのは、東京都と千葉、神奈川両県に住む34〜43歳の男女。車はレンタカーのワゴン車で、ドアはロックされ、しちりんは荷台部分にあった。内側から粘着テープで目張りされていた。車内で遺書は見つかっていないという。

「殺してぇな」上司の罵声2時間 自殺遺族、ヤマト提訴

04月01日

 ヤマト運輸の長野県内にある営業所のドライバーだった男性(当時46)が2015年1月に自殺した。妻子は、原因は上司の執拗(しつよう)なパワハラだったとして、慰謝料など約9500万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。「劣悪な労働環境が維持されないよう対策を講じて欲しい」。遺族の思いと、訴訟までの経緯を原告側代理人が語った。

 31日午後、長野市で会見した代理人の鏡味聖善弁護士によると、自殺した男性は1989年7月に入社。県内の営業所でドライバーとして働き始めた。2003年には所長となり、優秀な働きぶりで営業所を主管する同社支店長から表彰されたこともあったという。

 11年に男性は通常業務のドライバーに戻り、被告の上司が所長に着任した。翌12年秋ごろ、突然、この上司から暴言や暴行を受けるようになったという。

 14年5月10日は約2時間にわたって罵声を浴びせられた。上司は机を蹴飛ばして大きな音を立てたり、威圧的に怒鳴りつけたりした。「俺、マジいらねぇコイツ、殺してぇなホントに」「クソみてぇなヤツ」。殴る、蹴るの暴行も受けたとしている。同12日にも2時間以上、「本当に役に立たねぇ」「バカなんだよコイツ!それがむかつく」「明日から来るな」などと叱責(しっせき)された。主管の支店長も同席していたが、制止しなかったという。

 この2日分については、家族の助言を受けた男性が内容を録音していた。鏡味弁護士は「人格、人間性をたたきつぶす暴言。『殺すぞ』という脅迫的言動もある。日常的で、非常にひどいパワハラ」と指摘した。

こども園襲撃、殺人未遂容疑も視野 

04月01日

 大分県宇佐市認定こども園四日市こども園」で男児ら3人が襲われた事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された無職の射場(いば)健太容疑者(32)が、自暴自棄になったという趣旨の供述をしていることが1日、捜査関係者への取材でわかった。職員2人が切り傷を負っており、県警は殺人未遂容疑も視野に調べている。 県警によると、射場容疑者は園に侵入し、切りつけるなどして負傷させたことを認めているという。 捜査関係者によると、負傷した男児(9)は逃げ遅れて射場容疑者に殴られたといい、女性職員2人が男児を守ろうとして額などに切り傷を負ったという。射場容疑者が刃渡り19センチのサバイバルナイフを持っていたことなどから、県警は傷害容疑のほか殺人未遂容疑も視野に、襲撃の詳しい経緯を調べている。 また、射場容疑者は引きこもり状態だったとして、家族が県北部保健所に相談していたことも、県関係者への取材で判明している。県警は、事件との関連について慎重に調べる方針だ。

<かみつき事故>飼い犬にも殺傷能力…乳児の悲劇、なぜ

04月01日

 東京都八王子市で3月9日、生後10カ月の女児が祖父母宅で飼い犬のゴールデンレトリバーにかまれ、亡くなった。忍耐強く、介助犬や警察犬としても活躍する人気犬種。今回の犬もほえたり、かみついたりしたことがほとんどなかったといい、女児が何度も訪れていたなじみの家での突然の悲劇だった。大型犬を室内で放し飼いにする家庭は多く、専門家は「かみつき事故は決して少なくなく、犬に絶対安全はない」と注意を促している。

 警視庁南大沢署によると事故は同日夕、1階のリビングで起きた。保育園で発熱し、祖父母が連れ帰った女児がハイハイしていたところ、体重約37キロの雄のゴールデンレトリバー(4歳)が突然、横から頭部付近にかみついた。女児は約2時間後、搬送先の病院で亡くなった。失血死とみられる。室内のケージから放されていた犬は、祖母が「だめ」と怒るとすぐ女児を放し、おとなしくなった。犬は3年以上前から飼われていた。 環境省などによると、犬が人をかむ事故全体の件数は2015年度の4373件など近年4000件台で推移するが、飼い主や家族が死亡する事例は09年度の2人以来という。

 闘犬用に品種改良された土佐犬などについては、おりの中で飼うなどの規制を設ける地域もある。だが、狩猟時の獲物回収を目的に誕生したゴールデンレトリバーは「頭脳明晰(めいせき)で忍耐強く明朗温和」とされ、事故に驚きが広がった。

 なぜ事故が起きたのか。藪田慎司・帝京科学大教授(動物行動学)によると、ゴールデンレトリバーは物をくわえて運ぶ行動傾向が強い犬種で、単純に動くものをくわえ、持ってこようとした可能性があるという。藪田教授は「怒りや不快、獲物を捕るための攻撃ではなく、おもちゃのボールや落ちたタオルを取るのと同じ行動だったとも考えられる」と説明する。

 一方、オールドッグセンター付属日本訓練士養成学校の藤井聡教頭は、犬がストレスを抱えていた可能性を指摘する。藤井教頭は「何度か家に来ても、同居していない乳児は外部から来た存在。可愛がる祖父母に対し、欲求不満を感じた恐れもある」と話す。

 見解は分かれるが、2人はいずれも「どんな犬も、人を殺傷する能力を持つことを十分認識すべきだ」としている。

ブラッド・ピット、ファンも心配するほど激ヤセ

04月01日

アンジェリーナ・ジョリーに離婚を申請され、子供6人を含む8人での大家族生活を突然失ったブラッド・ピット。それを機にひとり暮らしを始めた彼は、ようやく立ち直り生活スタイルを一新した。子供達が好きなジャンクフード三昧の生活をやめヘルシーな食事にこだわるようになり、運動にも励みずいぶん体重を落としたという。それによって「若返った」「カッコ良くなった」と評判になったのもつかの間、今度は激ヤセが進行しこのような姿になってしまった。「いったいどうしたのか」と今度は彼の健康を心配する声が多くあがっている。

アンジェリーナ・ジョリーとの泥沼の親権争いを報じられたものの、最近では直接話をするまでに関係が改善しているブラッド・ピット。そんなブラッドはアンジェリーナの仕事先であるカンボジアにも何度も飛び、現地で子供達と合流。仕事がある時には子連れでロスに戻り、かなり忙しく暮らしていたという。

そんなブラッドが米時間3月30日にロサンゼルスでキャッチされたが、その姿に全米メディアが大変な衝撃を受けた。アンジェリーナによる離婚申請後は確かにスリムになっていたが、さらに激ヤセが進んだブラッドは頬がゲッソリしていた。そのせいか前歯がずいぶん目立ち、厳しい表情にも見える。 ちなみにブラッドは離婚そのものも全く望んでいなかったといい、アンジェリーナとの結婚生活を維持すべく「何だってしたい」と切望しており、アンジェリーナ側に“その気が一切ない”とは、全く気付いていなかったという。それだけにショックは大きかったというが、今は2人とも子供達を第一に考えて親権協議を続行中だ。 この激ヤセは心労・過労によるものなのか、それとも映画の役作りのためなのか。どちらの可能性も考えられるが、この痩せ方はやはり心配だ。

 

痛々しい“トゲだらけのヘビ”

04月01日

ヤマアラシといえば、その体に生えている針毛で肉食獣から身を守ることで知られているが、どうやらボアコンストリクターという大蛇に飲み込まれてしまったと複数のメディアで取り上げられる。

体に刺さった無数の針で、ヘビは相当なダメージを負っているようで、動画では犬に吠えられ身構えようとするが、動きも緩慢な様子だ。

ネットでは「きっと悪食を後悔しているだろう」「新種のヘビかと思った」「神話に出てきそうだね」「ヘビを気の毒に思ったのは初めてだよ」「次のホラー映画にハリヘビが出てくると思う」といった感想が寄せられている一方で、「内側から針が突き出ているわけではない。きっと食べようとして反撃されたのでは」といった意見もあるようだ。