読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真琴つばさが嫉妬していたのは「後輩の上司」天海祐希

自分はなかなかうまくいかない、「在来線」。天海はどんどん駆け抜ける「新幹線」

自分が見ている一段上から物を見ている。彼女は自分一人で輝け、自分は人に輝かされる。

なんかそんなことをおっしゃってましたね。

まあ、先輩後輩に関しては、「間接的」だったことにはカットされたのでしょう。

「後輩で上司」というのは私が勝手に付け足しました。

天海祐希月組の生え抜きトップスターで、「芝居の月組」の象徴、剣幸の薫陶を受けていると

散々日記で行ってきましたが、真琴つばささんは花組からの移籍組。

どちらかと言えば「ダンスの花組」の象徴、大浦みずきさんの系譜。

ザ・フラッシュ「The Flash

ただ、同期の愛華みれさんが花組的にあっていたのか、真琴さんは同期の中では冷遇組。

大浦さんの退団公演で、大浦さんの口添えがあってようやく新人公演主演。

後任の安寿ミラさん、そして実質ダブルトップと言われた真矢みきさん。

さらにその次と目された同期の愛華さん。花組での目はほぼなくなっていた。

で、月組に移籍して見れば、トップが「最速伝説」天海祐希だったのだ。

だから、追い抜かれたという表現が可笑しいと言っている。

異動先の年下の上司が天海だった。というのが実は正しい。

あと真琴さんも結果論だが出世は早い方。たしかに天海トップ時代までは苦労気味だが

天海の後任トップの久世さんが渋すぎて華がないとして2作で辞める羽目になり

真琴さんの2番手以降は高速出世。同期の愛華さんより結局早くにトップになり三年半続いた。