読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『WE ARE X』の感想

特別ファンでもないんですが、ドキュメント作品が上映されるという事で見てみた次第。

まぁ…赤裸々な感じです。

採点…★★★★

特別ファンでもないんだけれど…

ありのままを赤裸々に。

HIDEさんやTAIJIさんらメンバーの突然の死の話も

Toshiさんの洗脳話も(当時ワイドショーで本当によく耳にしたな…)

そのまま映し出していたのが印象的。

省いて語ったら、X JAPANではない事になるか。

これだけ世界で熱狂的に支持されるアーティストであっても

当たり前のように悩んで苦しんで歩んできたんだと。

今もし悩んでいたり苦しんでいたりする人がいたら

このドキュメントを見てみるのも一手。

もちろん、その立ち位置とか悩み苦しみの素になるものは全然違うだろうし

世界が違い過ぎて参考になんかならないと思ってしまうかもしれないけれど

これだけの出来事があって…

だからこそ生み出される音楽が心をとらえて離さない。

彼らが歩んできた曲がりくねった道をそのまま音に、詩に込めて生み出されるからなんだろう。

それにしても…

YOSHIKIさんとToshiさんが幼馴染だったという奇跡こそが

今につながっているんだろうな…

以上です。