読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その琳。狂暴につき、、、

お口砂だらけにした犬が

眼をギラつかせてパソコンを弄っている私の後ろで右往左往。

まさか、またなのか?!

下の兄よ!!

妹よ、そのまさかだ!!

(ヒー!!Σ(´□`;)

勘弁してくれよー!!(二人滝汗)

席を立つと

(タタタタタタ。ピタ。ギラギラ)

ヒー!こっちみてるよ

兄ちゃん!

棒を振り子みたいに自分をガードしつつ接近

ヒャンヒャンヒャンヒャン!

案の定襲ってきたわよ。

ささっと避難。そのこへ

何も知らない父

扉を開け登場。

あっ父危ない。

「どしたんな?、おおりん」

ヒャンヒャン!!

わぁぁ!!

この狂暴な琳とは父初対面です。

棒を持って身構える父、

琳が危ないので

「お父さん!部屋に入っとき

私らが何とかするけん!」

そして父避難。

琳に挑む下の兄、手袋でガードしつつ

カブー!まるで警察犬の訓練状態。

一時避難した我等。

策を練り。

おやつで琳を兄達の部屋に閉じ込めることに成功☆

その間に夜の庭を捜索。

掘った後が見付からない。その姿に鳴き叫ぶ犬。

困りましたよ。夜11時だよ。これじゃぁ安心して寝れないやん。

安心して廊下歩けない。

ハーネス大嫌いな琳にハーネスを着けることに成功。恐る恐る部屋から出すと

あら不思議。

襲わないわ

このまま外へ散歩だ!

兄よ後は頼んだぞ!

夜の町内をぐるり

仕方無く家路に戻る途中

「おー!あったぞ」

マジか兄!何隠してた?

「わしのカステラ(小袋包装)」

それ!?

家の入り、琳に見せて開封。

ムシャムシャ

ケロリ。

はい、いつものりんちゃんに元通り☆

教訓。

小袋包装のお菓子を琳に盗られてはいけない。(狂暴犬になる)

兄よ。お前が元凶だー!!

お菓子は犬の手のと届かないところへ

置きましょう。