読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者には成功して夢を叶えてもらいたい

5月と言えば、5月病ですが、最近の新卒君は5月どころか

入社式当日に辞めてゆく人もいるようで、困った時代になったものです。

いやいや、そんな奴はごく一部だし、そんな奴は昔から一定数いただろう。

そう言う人の意見も分かるが、昔と比べてそういう人が増えたのは

間違いないと思う。

早々に社会からドロップアウトした若者が今後どんな人生を歩んでゆくのか。

中には新天地で才能を開花させて、大成功する人もいると思って、

簡単に辞めてしまうのかもしれないが、間違えなく失敗する方が多い。

結局、転職しては辞めて、転職しては辞めてを繰り返して、気が付けば

30代、40代になったとき、自分には何も積みあがっていないことに気づく。

転職するにしても、ある程度、一貫性があれば積み上げもあるが、

その時々で流行りの仕事をしてみたり、手当たり次第で転職して

全然関係ない仕事をしていては積み上げが何も残らない。

もしくは、いくらその仕事を続けようとも、そもそもバカでもチョンでも

外国人でもできるような単純労働では積み重なったとは言えない。

積み上げが無いからこそ、非正規雇用からいつまでも抜け出せない。

気が付けば、新卒からコツコツ積み上げて仕事をしていた年下の上司に

アゴで使われている。

確かに、20そこそこで一生の仕事を決めるのは困難だし、

入った会社がどうにも合わないことはあるだろう。

しかし、成功者と言われる人の多くは、やはり一つの事をしっかり

積み上げて成功を手にしています。

5月の連休中に会社が嫌になって、ドロップアウトしたいと考えている

若者は、もうちょっとだけ頑張ってみてはどうだろうか。

成功は100%努力したその1ミリ先にあるものです。

どうかその1ミリを諦めないで夢や成功を掴んで欲しいと思っています。

日本の若者には無限の可能性があると信じています。

外国のように、1000%努力しても絶対に成功できない国もある中で

日本国に生まれた奇跡をもっと大切にして頑張っていただきたいものです。