読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャスミン

髪にも身体にも、アーユルヴェーダ系のジャスミンの石鹸を使ってる。

ジャスミン オーガニック 石鹸』あたりでググれば、見つかる。

送料込みで、1個1000円ちょい。フェアトレード製品。

作り手は、マントラを唱えながらつくってるそうな。

これ使ってたら、なんか悪い事できなくなりそうだよな。

香りはバスクリン並みの強さで、風呂場がジャスミンの香りでいっぱい。

そして、風で髪が揺れると、ジャスミンがふわりと香るらしいことが、先日わかった。

洗い上がりは多少キシキシするが、並みの石鹸のようにゴワゴワはしない。

タオルドライの後に、ちゃんとしたブラシを使えば、酢リンスも要らない。

自分としては、相当いい石鹸に当たったなと思う。

暫く定番になりそうだ。

* * *

私の性質は中性だが、身体は女性なので、それはそれで、女性特有の手入れは楽しみたいと思ってる。

女性としての恋もセックスも嫌いじゃない。

むしろ好きだ。

中でも、リバーシブルに立場を変え、自由に動ける知的な能力を要する恋なんて、最高にすてきだ。ノッてくると止まらない。電話だけで相手の背骨に電流を走らせたりした事もある。相手はびっくりしてたが、自分未経験者なのにたった2回でそんな事が起こるなんて、私もびっくりだ。笑。

それでも今は、快楽に溺れて自分の元来の性質から離れないようにする事が課題だったりもする。社会的には女性として、プライベートでは中性として、両者のバランスをどうとっていくか・・・。実際はとても悩ましい問題だ。まあそんなことを真面目に考えても、激しく求められることに、身体を突き抜ける快楽に抵抗するのは、やはりなかなか難しい。

それでも、そういうことに溺れていくと、自分が自分から乖離してしまう。

好きな事と、元来の性質が背反している。

Xという特性が、時々気が遠くなりそうに困ったもののようにのしかかる時がある。

そこらも含めて、一緒に楽しんで乗り越えていけるような人と出会えるかが、キーなのかもしれないなと思ったりはするが、とりあえず仕事が忙しくてそれどころじゃないのが現実ではあり、それが若干、救いでもある。

私はバカなので、難しい事を考えるのは苦手だ。

だけど恋は暫くは、お休みでいいと思ってる。

広告を非表示にする